メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IOC、東京オリンピック簡素化で組織委と合意 式典・イベント縮小、参加者削減など対象か

 国際オリンピック委員会(IOC)は10日、オンラインで理事会を開き、新型コロナウイルスの影響で1年延期した東京オリンピック・パラリンピックの計画を見直し、簡素化を進めることで大会組織委員会と合意した。コスト削減とコロナ対策の両面から200を超える項目を協議する。国際競技団体の意見も踏まえ、大会準備を監督するIOC調整委員会の最終提言として9月にまとめ、年内いっぱい検証を続ける。

 開催方針として①安全・安心な環境を提供②延期に伴う費用を最小化③安全で持続可能な大会とするための簡素化――を基本3原則に掲げた。組織委の森喜朗会長は記者会見で「史上初の延期で世界の経済、社会を踏まえ、計画をどう見直し、位置づけるかが重要なテーマ。来夏については情勢が不透明であり、現時点で仮定のシナリオを論じるのは時期尚早」と述べ、IOCとの間で中止の議論はなかったことも強調した。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した60代を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  4. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

  5. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです