連載

日本文化をハザマで考える

日本文学研究家のダミアン・フラナガンさんが、日英の「ハザマ」で日本文化について考えます。

連載一覧

日本文化をハザマで考える

第25回 日本語では、「愛している」と直接には言わずに

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
富士山頂に満月が沈む「パール富士」=千葉県富津市の富津岬で2013年2月26日午前5時46分、手塚耕一郎撮影
富士山頂に満月が沈む「パール富士」=千葉県富津市の富津岬で2013年2月26日午前5時46分、手塚耕一郎撮影

 10年以上も前に、京都のバーで初めて出会った人が私に言った。

 「小説家の漱石は日本語では、直接『愛しているとは言わずに、月がきれいですねと言う』と言ったんですが、ご存じでしたか?」

 私はこの話を聞いたことがなかったが、日本ではよく知られているようだ。

 私は気がつかなかったが、この話は、漱石の作品の中に埋もれているのだろうか?

 この話は、漱石が書いたものではなく、1970年代以前には、このエピソードについて書かれた記録さえなかったが、その頃までにはすでに広く信じられていたようだ。それによると、漱石が英語教師をしていた時、生徒が「I love you」を「我君を愛す」と直訳したのを訂正して、漱石が「いやいや、それは正しい訳ではありませんよ。日本文化では微妙にほのめかすことが尊ばれるのですから、『月がきれいですね』ぐらいな…

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1203文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集