メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本文化をハザマで考える

第25回 日本語では、「愛している」と直接には言わずに

富士山頂に満月が沈む「パール富士」=千葉県富津市の富津岬で2013年2月26日午前5時46分、手塚耕一郎撮影

 10年以上も前に、京都のバーで初めて出会った人が私に言った。

 「小説家の漱石は日本語では、直接『愛しているとは言わずに、月がきれいですねと言う』と言ったんですが、ご存じでしたか?」

 私はこの話を聞いたことがなかったが、日本ではよく知られているようだ。

 私は気がつかなかったが、この話は、漱石の作品の中に埋もれているのだろうか?

 この話は、漱石が書いたものではなく、1970年代以前には、このエピソードについて書かれた記録さえなかったが、その頃までにはすでに広く信じられていたようだ。それによると、漱石が英語教師をしていた時、生徒が「I love you」を「我君を愛す」と直訳したのを訂正して、漱石が「いやいや、それは正しい訳ではありませんよ。日本文化では微妙にほのめかすことが尊ばれるのですから、『月がきれいですね』ぐらいな…

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1203文字)

ダミアン・フラナガン

ダミアン・フラナガン(Damian Flanagan) 1969年英国生まれ。作家・評論家。ケンブリッジ大在学中の89~90年、東京と京都に留学。93~99年に神戸大で研究活動。日本文学の修士課程、博士課程を経て、2000年に博士号取得。現在、兵庫県西宮市とマンチェスターに住まいを持って著作活動している。著書に「世界文学のスーパースター夏目漱石」。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  2. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  3. よみがえった清水寺「寛永の姿」に 4年かけ本堂や舞台など大修理 京都

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです