メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

103歳現役理容師、秘訣は「体操」 聖火ランナー「来年こそは」

箱石さんが理容師になったときから80年使っているハサミ(左)と夫の形見のハサミ(右)。何度も研いで大切に使ってきたため、小さく擦り減っていた=栃木県那珂川町で2020年5月21日午後4時16分、渡辺佳奈子撮影

 栃木県那珂川町に、1席だけの理容室がある。「理容ハコイシ」の店主、箱石シツイさんは、103歳になった今も現役でハサミを握り続ける。元気の秘訣(ひけつ)は30年以上続けているオリジナルの「健康体操」。参加するはずだった東京五輪・パラリンピックの聖火リレーは新型コロナウイルスの影響で延期になったが、「元気だったら来年また走りたい」と毎日1時間の体操を続けている。

 畳の上に座り、首を前に倒し、次は後ろへ。首の後ろにあるつぼを両手でギュッギュッとマッサージ――。

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1263文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです