新型コロナ 「ガイドヘルパー」頼めぬ視覚障害者 気になる目、外出控え 間隔1メートル以上は「不可能」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
視覚障害者(左)を先導するガイドヘルパー。「間隔1メートル以上」は不可能だ=宮崎市で、杣谷健太撮影
視覚障害者(左)を先導するガイドヘルパー。「間隔1メートル以上」は不可能だ=宮崎市で、杣谷健太撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、厚生労働省が示した「新しい生活様式」の実践例は、三つの基本的対策として、マスク着用や手洗いと並び、人との間を最低1メートル空けることを求めている。ただ、同行してもらうガイドヘルパーの体に触れて外出する視覚障害者にとっては不可能な距離だ。「周囲の目が気になり外出を控えるようになった」という声も聞かれる。

 「ガイドヘルパーに触れずに歩くということはあり得ない。あまり『3密』『3密』(はだめだ)と言われると、ヘルパーさんをお願いするのが気が引ける」。宮崎県日向市の全盲の自営業女性(58)が漏らす。

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文971文字)

あわせて読みたい

注目の特集