自宅で温泉気分を 観光客大幅減の旅館の有志ら、草津温泉のVR映像 16日からユーチューブで配信へ /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
草津温泉のVR映像を撮影する佐藤健太さん(左)と金井一篤さん=群馬県草津町で
草津温泉のVR映像を撮影する佐藤健太さん(左)と金井一篤さん=群馬県草津町で

 新型コロナウイルスの感染拡大による観光客の大幅減でダメージを受けている草津温泉の旅館の有志らが、温泉を疑似体験できるVR(バーチャルリアリティー、仮想現実)映像の製作を始めた。温泉に来ることができない人たちに自宅にいながら温泉気分をあじわってもらおうという試み。16日から動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信を予定している。

 VR配信は、有馬温泉(神戸市北区)で旅館「有馬山叢(さんそう) 御所別墅(ごしょべっしょ)」を経営する金井一篤さん(39)らとタッグを組んだ。有馬温泉では4月から配信を始めており、「東の温泉地も参加を」と、旧知の草津温泉の料亭旅館「つつじ亭」社長の宮崎正雄さん(49)に声を掛け、草津温泉からも5軒の旅館、ホテルが参加した。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文559文字)

あわせて読みたい

注目の特集