メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほど脳

匂い嗅ぐ反応、意識障害の診断に=中村克樹 /愛知

 遷延(せんえん)性意識障害(意識障害)という言葉はあまり耳にしませんよね。自力で移動したり、食べたりできず、便や尿の失禁がある状態です。話したり意思疎通したりもできない状態です。ただ、脳の一部が働いているので、目を開け、呼吸し、のみ込むこともできます。この点で、生命維持に必要な脳幹まで働かなくなった脳死状態とは大きく異なります。この状態が3カ月続くと一般に意識障害と診断されます。

 意識障害になると3年程度の余命だといわれます。もちろん、中には10年以上生きる方もおられれば、回復する方もおられます。意思疎通ができないといいましたが、1996年に有名な医学雑誌で、40人の意識障害の患者のうち17人もの人に反応が認められ、意識があると判定されたという衝撃の内容が発表されました。つまり、誤って意識障害と診断されていたのです。

この記事は有料記事です。

残り1034文字(全文1398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「独立性が揺らぐ事態 任命拒否はありえない」 吉川弘之・元学術会議会長

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです