公立高普通科入試 流入率、再び引き上げへ 21年度、県教委が方針案 /徳島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県教委は10日、公立高校普通科の入試で設けている県内三つの学区について、2021年度から区外の合格者割合(流入率)の上限を今年度より5~2ポイント引き上げ、県立高校は20%と12%にする方針案を県議会へ示した。流入率は今春入試でも引き上げたが、区内合格者と区外合格者で、合格者下位層の点差が拡大したため、再び引き上げる。【岩本桜】

 県議会の文教厚生委員会で、榊浩一県教育長が報告した。

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1252文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集