メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

コロナ、保健所の役割は? PCR検査必要か判断 接触者や関係先調査=回答・谷本仁美

新型コロナに関する相談電話に対応する職員ら=山形市で、藤村元大撮影

 なるほドリ 新型コロナウイルス感染症(かんせんしょう)のニュースでたびたび「保健所(ほけんじょ)」の話が出てくるけど、どんなところなの?

 記者 地域(ちいき)や住民のために健康を支える仕事をする専門機関(せんもんきかん)です。2020年4月1日現在、都道府県や政令市(せいれいし)など全国に469あります。保健師(ほけんし)をはじめ、管理栄養士(かんりえいようし)、医師、獣(じゅう)医師、薬剤師(やくざいし)、理学療法士(りがくりょうほうし)など多彩(たさい)な専門職が連携(れんけい)して働いています。所長は原則医師が務めています。

 Q 普段(ふだん)はどんなことをしているの?

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです