メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

コロナで揺れる米中 内政の混乱があおる対立=東京大公共政策大学院教授・高原明生

中国全人代の開幕式に臨む習近平国家主席(下)=北京の人民大会堂で5月22日、共同

 米国では新型コロナウイルスの感染者数が200万人に迫り、死者は11万人を超えた。そのさなかの5月下旬、ミネソタ州で起きた警察官による黒人暴行死事件をきっかけに米国各地に抗議デモが広がり、一部では破壊行為や略奪も発生した。トランプ大統領は州知事に州兵の出動を要請し、必要があれば軍を派遣すると強硬姿勢を示した。この季節、もちろん想起されるのは1989年6月4日、北京で発生したいわゆる天安門事件のことである。

この記事は有料記事です。

残り2972文字(全文3176文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  3. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです