メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍農政にくすぶる不満 種苗法改正見送り 慎重論高まり

「香印翡翠」として販売された日本のシャインマスカット=農水省提供

 日本の農作物の種や苗木の開発者の権利保護を掲げる種苗法改正案は、今国会での成立が見送られる。ブドウのシャインマスカットをはじめとする日本のブランド農産物の海外流出を防ぐことが法案の目的だが、インターネット上などで反対意見が噴出し、成立断念に追い込まれた。

 「音楽や漫画の違法コピーはダメというと誰もが納得してくれるのに種や苗の違法コピー対策には反対意見が出る。何が違うの?と思う」。ある農水省職員はやるせない表情を浮かべた。

 種苗法は、開発に10年はかかるといわれる新品種植物の知的財産権を守るための法律だ。種苗法に基づく品種登録をすれば苗木や種の開発者に「育成者権」が与えられ、誰に生産や販売を認めるか開発者が事実上決められるようになる。

この記事は有料記事です。

残り1568文字(全文1889文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. なぜ? 日焼け止め、防寒着、水筒に氷入れ→校則やルールで禁止 熊本市立の小中高アンケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです