メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

科学の面白さを伝えたい 「科学道100冊」理研などが選定

 科学に親しみたい時、何かいい本はないかと書店や図書館の棚を眺める人は少なくないだろう。だが、選ぶのに迷うこともありがちだ。そんな時の手がかりとなりそうなのは、科学の良書を集めた「科学道100冊」だ。内容を、記者のおすすめとともに紹介する。

 科学道100冊は、国内有数の研究機関「理化学研究所」(本部・埼玉県和光市)と、図書館や書店の書棚作りなどを手がける「編集工学研究所」(東京都世田谷区)の共同プロジェクトだ。理研が創立100周年を迎えた2017年に発表した。それが好評だったため継続が決まり、19年からは毎年、新しく選定した「100冊」を発表することになった。

 19年の選考は、理研の研究者を対象としたアンケートで寄せられた約200冊が元になっている。これに、最近出版されたものなど編集工学研究所が選んだ100冊を追加。計約300冊から、理研の松本紘理事長や編集工学研究所の松岡正剛所長ら10人でつくる選書委員会の議論を経て「科学道100冊2019」として決定した。

この記事は有料記事です。

残り1341文字(全文1777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです