メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

果断猛進

ラグビー 全力120%、大野均の引退=薫田真広

 5月、東芝のFW大野均(ひとし)が42歳での現役引退を発表した。2年前から膝に痛みが出て、出場機会が減り、今年2月末に話し合った際、本人は「もう東芝では今年が最後だと思っています」と言った。他チームでプレーできる状態ではなく、私からは「後輩やチームのためにできることがあるんじゃないか」と伝え、協議を重ねて引退が正式に決まった。最初の出会いから20年。親しみを込め、均(きん)と呼んできた彼のラグビー人生を振り返りたい。

 高校まで野球部だった均は、地元福島の日大工学部でラグビーを始めた。その存在を私が知ったのは、筑波大の同期生からの紹介だった。初めて東芝府中(現東芝)の練習に招いた時、めちゃめちゃきつい練習をさせ、均が着て来た青色のジャージーがぼろぞうきんのようになったことを覚えている。ラグビーはド素人だった。ただ、骨太で基礎体力があり、素直。関東の強豪校の選手も音を上げる練習に食らいついてきた。「3年でジャパン…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 佐世保に仮面ライダー現る 1号と2号? 果たしてその正体は…

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

  5. ホンダ大勝、2回戦へ 3年連続日本一を狙った大阪ガスは初戦敗退 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです