メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

二階氏 「ポスト安倍」候補らとの距離縮める 岸田氏けん制、秋の党人事にらむ?

自民党の二階俊博幹事長=川田雅浩撮影

 自民党の二階俊博幹事長が「ポスト安倍」候補たちとの距離を詰めている。石破茂元幹事長の要請で石破派の政治資金パーティーでの講演を引き受け、稲田朋美幹事長代行、下村博文選対委員長による議員連盟にも出席した。次の党人事をにらみながら、安倍晋三首相の「意中の人」とされる岸田文雄政調会長をけん制する一方、党内の求心力を高めるしたたかな戦略が見え隠れする。

 「しっかり我々も協力しますから、思い切って前進するよう頑張ってください」。二階氏は11日、国会内であった「新たな国家ビジョンを考える議員連盟」の第1回総会で、集まった自民党議員136人にあいさつした。

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1106文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです