メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「持続化給付金」追加分 「入札前に調査」実施へ 梶山経産相「透明性確保」

記者会見で委託事業の中間検査実施を表明する梶山弘志経済産業相=東京都千代田区で8日午後、高橋祐貴撮影

 梶山弘志経済産業相は11日、民間委託の過程が不透明と批判されている「持続化給付金」事業に関し、2020年度第2次補正予算案に計上した追加の事務委託については、入札前に応札事業者の業務体制などを確認する「入札可能性調査」を行う方針を明らかにした。批判を受け、透明性をアピールする狙いがある。一方、4月の競争入札では、同事業を受託した一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」より、競合他社の方が低い価格で応札していたことが関係者の話で分かった。

 同調査は、公募する事業の概要を開示し、応札に意欲を示した事業者らの業務執行体制や過去の受託実績などを確認するもの。これまでも必要に応じて実施されているという。梶山氏は11日の参院予算委員会で「透明性を確保するために行う」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  2. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 「刑務所に入れられても闘う。それが恩返し」 香港りんご日報創業者が語った決意

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです