メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「『同意ない性交』処罰化を」 NGOが刑法の改正私案公表

「性犯罪に関する刑事法検討会」の初会合であいさつする森雅子法相(中央奥)ら。会合はウェブ会議で行われた=東京・霞が関の法務省で4日、村上尊一撮影

 性犯罪に関する刑法改正を巡り、性暴力被害者支援などに携わる弁護士らが参加するNGO「ヒューマンライツ・ナウ」は11日、同意のない性交への罰則規定や性交同意年齢の引き上げなどを盛り込んだ改正案を発表した。法務省が設置した「性犯罪に関する刑事法検討会」に提出し、議論を喚起していくという。【塩田彩/統合デジタル取材センター】

 改正案は、現行刑法の強制わいせつ罪にあたる「不同意性的行為罪」▽強制性交等罪(旧強姦(ごうかん)罪)にあたる「不同意性交罪」▽準強制性交等罪(旧準強姦罪)にあたる「同意不能等性交等罪」――などを導入。現行法で13歳とされている性交同意年齢を16歳に引き上げ、16歳未満が被害者となった各罪の法定刑の下限を引き上げる形で加重している。

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文1022文字)

塩田彩

大阪府出身。2009年入社。前橋支局、生活報道部を経て19年5月より統合デジタル取材センター。障害福祉分野を継続的に取材しています。好物は児童文学。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. ファンの存在の大きさを実感した1年 巨人・中川皓太投手

  4. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』日本アニメ初、ドルビーシネマ版上映決定

  5. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです