メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢銘菓「くうや観助餅」、6月末廃業 130年の歴史 ファン「販売継続を」

もち米の粒を残した食感が特徴の「くうや勘助餅」=尾崎稔裕撮影

 三重県伊勢地区に古くから伝わる数々の餅菓子は、伊勢参りの旅人たちの疲れをいやしてきた伝統のファストフード。現在も伊勢市で愛される多くの餅菓子のひとつで、130年近くの歴史を持つ「くうや観助餅」を製造販売する老舗和菓子店が6月末で廃業する。これに伴って同店の看板菓子である同餅の製造も終了する予定だったが、地元消費者から「老舗の味を消さないで」との声が相次いでいる。製造中止か継続か。同店の親会社は月内にも役員会を開くなどして決定する。

 くうや観助餅は、明治26(1893)年創業の鈴木翠松(すいしょう)軒(同市二見町)が開店当時から作り続けてきた。せいろで蒸したもち米を半つき状態にし、やさしい甘みのこしあんを包んだ生菓子。同店によると、空也(くうや)は蒸したもち米のことで、観助は同店2代目の名という。

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文1096文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです