特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

危機対応の英断か禁じ手か 日銀の国債無制限購入、財政規律効かなくなる危うさも

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルス対応のための連携強化について記者会見する日銀の黒田東彦総裁(手前)と麻生太郎財務相=東京都港区で2020年5月22日、吉田航太撮影
新型コロナウイルス対応のための連携強化について記者会見する日銀の黒田東彦総裁(手前)と麻生太郎財務相=東京都港区で2020年5月22日、吉田航太撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の経済対策を盛り込んだ2020年度第2次補正予算案が12日に成立する。1次と合わせた国の借金(新規国債発行額)は計57・5兆円にも達するが、借金が多いと高くなるとされる国債の金利は低いまま。日銀が国債を無制限に買う方針を決め、長期金利の指標となる10年物国債の金利を0%近辺に抑え込んでいるからだ。危機対応のための英断と評価する声もあるが、禁じ手の「財政ファイナンス」(日銀による国債の直接引き受け)に近づいているという懸念の声も多い。【大久保渉、浅川大樹】

この記事は有料記事です。

残り2254文字(全文2503文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集