米軍元高官 トランプ氏に続々反旗 「黙っていられない」「抗議する権利軽視」「我々を分断」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国内で広がったデモに関する演説後、ホワイトハウス近くの教会を訪れたトランプ米大統領(右から3人目)。エスパー国防長官(左端)らも同行し、写真に納まった=ワシントンで6月1日、AP
国内で広がったデモに関する演説後、ホワイトハウス近くの教会を訪れたトランプ米大統領(右から3人目)。エスパー国防長官(左端)らも同行し、写真に納まった=ワシントンで6月1日、AP

 米中西部ミネソタ州で起きた白人警官による黒人男性暴行死事件に対する抗議デモへの対応を巡り、元米軍高官らが一斉にトランプ大統領への批判の声を上げた。治安維持のためには軍が米国民に銃を向けることもいとわないと発言してきたトランプ氏の姿勢は憲法をないがしろにし、軍が政治利用された印象も拭えず、軍が築き上げた国民との信頼関係を崩壊させかねないと懸念を強めたためだ。

 「黙っていることができない」。ブッシュ(子)政権とオバマ政権時に米軍制服組トップの統合参謀本部議長を務めたマレン氏は2日、米誌アトランティックに寄稿して訴えた。「トランプ氏は平和的に抗議する権利を軽んじる姿勢をあからさまにしている」と激しく非難した。

この記事は有料記事です。

残り1485文字(全文1791文字)

あわせて読みたい

注目の特集