メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金魚もコロナで泣いている 夏祭りの華、中止相次ぎ出荷できず

育てている金魚の様子を確認する松井一也さん=熊本県長洲町で2020年6月9日午後6時、城島勇人撮影

 新型コロナウイルス感染拡大で祭りなどが相次ぎ中止された影響で、すくい用金魚の生産地では業者が金魚を出荷できず悲鳴を上げている。祭りシーズンの夏場は例年出荷のピークだが、今年は注文が激減。全国各地の養魚池の中で行き場のない金魚たちが寂しく泳いでいる。

 「出荷量は(例年より)9割減。おまけに餌代もかかる。ダブルパンチだ」。熊本県長洲町の松井一也さん(72)は、約3000坪の敷地内に設けた養魚池を眺めながら苦渋の表情を浮かべた。

 町内の養魚業者14人でつくり、松井さんが組合長を務める長洲町養魚組合の金魚の年間生産量は約67万匹(2018年度)。長洲町は奈良県大和郡山市や愛知県弥富市などと共に日本有数の生産地として知られる。中でも長洲町の金魚は93%が「すくい用」で、高級種などの「観賞用」は7%に過ぎない。

この記事は有料記事です。

残り1140文字(全文1495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の再生エネ発電量、初めて原発上回る 19年 太陽光や風力急増

  2. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示要求で出した文書に

  3. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  4. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  5. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです