メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪のシンボル「づぼらや」閉店へ 新世界のふぐちょうちん 創業100年

9月に閉店することが決まった「づぼらや」新世界本店=大阪市浪速区で2020年6月11日、森口沙織撮影

 大阪・新世界のふぐ料理店「づぼらや」が、9月に閉店することが決まった。創業100年の老舗で、巨大なふぐちょうちんが大阪の顔として知られていたが、新型コロナウイルスの影響で4月から臨時休業していた。

 店側によると、1920年に「大阪で初めてふぐを食べさせる店」として開業。新世界本店(大阪市浪速区)の3階部分から、ふぐちょうちん(高さ約3メートル)がつり下げられ、通天閣をバックに…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. ハンコは「抵抗勢力」か 印章制度の本質と過度なデジタル化の危険

  3. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  4. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  5. バイデン氏が自分を批判し選挙に有利でないハリス氏を選んだ理由 副大統領候補を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです