特集

日米地位協定

在日米軍に対する特別待遇を定め、さまざまな問題を生む元凶ともされる日米地位協定。見直しを求める声が広がっています。

特集一覧

特権を問う

フルーツ、オムレツ、パンケーキの朝食、毎日使えるシャワー 刑務所内にまで特別待遇の米軍

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国内で実刑判決を受けた男性の米軍関係者が収容される横須賀刑務支所=神奈川県横須賀市長瀬3で2020年3月6日午後0時12分、佐野格撮影
国内で実刑判決を受けた男性の米軍関係者が収容される横須賀刑務支所=神奈川県横須賀市長瀬3で2020年3月6日午後0時12分、佐野格撮影

 横須賀刑務支所(神奈川県横須賀市)は、国内の裁判所で実刑判決を受けた男性の米軍関係者を全国で唯一収容している。一般的に受刑者に提供される食事は質素なものとイメージされているものの、米軍に関係する受刑者には日本人やその他の外国人受刑者とは違う食事が提供される「特権」が続いている。

 毎日新聞は情報公開請求で1月の献立表を入手した。1月9日の朝食は米軍受刑者がフルーツ、チーズオムレツ、クリームビーフ、パンケーキ(シロップ)、ボイルドライス。これに対して日本人らその他の受刑者はみそ汁(玉ネギ・ワカメ)、納豆、ねり梅、ごはん(米と麦が7対3)だった。昼食も米軍受刑者はステーキ、ポテト、アスパラガス、フルーツカクテル、ピーナツバタークッキーに対し、その他の受刑者はアジフライ、卵野菜いり煮、かっぱ漬け、ごはんとなっていた。

 通常、その他の受刑者には食事の際にお茶が提供されるところ、米軍受刑者にはコーヒーや…

この記事は有料記事です。

残り1353文字(全文1755文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【日米地位協定】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集