メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさの日、世界の宇宙ファンが胸躍らせる「帰還10年の今」

小惑星イトカワへ着陸する探査機「はやぶさ」の想像図=宇宙航空研究開発機構提供

 世界で初めて小惑星の物質を地球へ持ち帰ることに成功した探査機「はやぶさ」が地球へ帰還し、13日でちょうど10年を迎える。この日は例年、「はやぶさの日」として、宇宙探査ファンたちがあの日を振り返り、国内外の宇宙探査について考えてきた。「はやぶさの日」10年に合わせ、はやぶさプロジェクトマネジャーだった川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構(JAXA)シニアフェローと、津田雄一・はやぶさ2プロジェクトマネジャーから毎日新聞にメッセージが届いた。2人のメッセージとともに、はやぶさの旅と後継機「はやぶさ2」の今を紹介したい。

この記事は有料記事です。

残り7086文字(全文7345文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです