特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「密」スクラムは当面禁止 パスもできない? 高校ラグビー部再開に温度差

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
選手間の距離を1メートル以上空けて練習をする東京高ラグビー部=東京都大田区の東京高校グラウンドで2020年6月4日午後4時1分、尾形有菜撮影
選手間の距離を1メートル以上空けて練習をする東京高ラグビー部=東京都大田区の東京高校グラウンドで2020年6月4日午後4時1分、尾形有菜撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が解け、学生スポーツも再開しつつある中、公立と私立、都心と地方で活動に温度差が生まれている。特にラグビーは、スクラム、ラック、モールなど密になってプレーすることが多い上、ボール一つの扱いにも気を配らなければならないところもある。困惑する高校ラグビー部の声を聞いた。【尾形有菜、長宗拓弥】

  「離れて飲もう。2、3メートル広がってな」

この記事は有料記事です。

残り1714文字(全文1907文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集