メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁

海外衛星、打ち上げ加速 新型「イプシロンS」で 23年、JAXA方針

「イプシロンS」で打ち上げられるベトナムの地球観測衛星「ロータスサット1」のイメージ=NEC提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、ベトナムの地球観測衛星を日本の小型ロケット「イプシロン」の改良型「イプシロンS」初号機で2023年に打ち上げる方針を決めた。イプシロンで海外の衛星を打ち上げるのは初めて。政府は宇宙産業を拡大させるため、低コストなイプシロンを用いて海外の衛星打ち上げ受注の増加を目指しており、今回はその一歩となる。

 イプシロンS(全長27メートル)は、13~19年に4機を打ち上げたJAXAの固体燃料ロケット「イプシロン」の発展型。3段式で、1段目に開発中の大型ロケット「H3」(全長63メートル)の固体ロケットブースターを用いることが特徴だ。H3と部品を共通化し、費用低減や運用の効率化を狙う。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  2. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  3. 米次期広報幹部、全て女性に 大統領報道官にサキ氏 政権移行チーム

  4. ヤマハvsNTT東日本 第9日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗

  5. 合言葉は「伝説を作ろう」 ”四国勢”で勝ち取った8強 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです