沖縄知事「反対の民意明確」 辺野古工事が再開

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 防衛省沖縄防衛局は12日午前、工事関係者に新型コロナウイルス感染者が出たために中断していた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事を約2カ月ぶりに再開した。辺野古移設に反対する玉城(たまき)デニー知事を支える県政与党が過半数を占めた県議選(7日投開票)から5日後の工事再開に、沖縄の反発が高まるのは必至だ。

 玉城知事は12日、県庁での定例記者会見で「工事の再開は大変遺憾だ。県議選でも辺野古新基地建設に反対する候補者が県議会で過半数を占めており、改めて反対の民意は明確になったと思っている」と述べ、選挙戦直後に工事を再開した政府の対応を批判した。

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文452文字)

あわせて読みたい

注目の特集