関西大学ラグビー 「世界」知る指揮官、新風

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東芝の指揮官時代に2度のトップリーグ優勝を果たした瀬川智広監督(手前)=秩父宮ラグビー場で2010年1月31日、津村豊和撮影
東芝の指揮官時代に2度のトップリーグ優勝を果たした瀬川智広監督(手前)=秩父宮ラグビー場で2010年1月31日、津村豊和撮影

 ラグビーの関西大学Aリーグ(1部)に所属する2校が今季、「世界」を知る指揮官を招いた。昨季4位の京産大には2015年ワールドカップ(W杯)に出場した日本代表のロックで、卒業生の伊藤鐘史監督(39)が就任。同7位の摂南大は、7人制男子日本代表ヘッドコーチ(HC)として16年リオデジャネイロ五輪で4位に導いた瀬川智広監督(49)が率いる。新型コロナウイルスの影響で活動に制約を受けながらの始動となったが、関東勢優勢が続く大学ラグビー界に、新人監督と知将が新風を吹かせる。【長宗拓弥】

この記事は有料記事です。

残り1623文字(全文1864文字)

あわせて読みたい

注目の特集