新型コロナ 都立高、出題範囲を縮小 21年入試、3カ月分程度 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 都教育委員会は11日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って休校が続いたことを受け、2021年に実施する都立高校の一般入試について、出題範囲を狭めることを決めた。中学3年生が1年間で学習する内容のうち、3カ月分程度を範囲から除外する。

 都教委によると、都内の多くの中学校が3月上旬から休校となり、入試前の1月までに学習するは…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集