メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 教育現場の負担を軽減 保護者ら学校消毒ボランティア 放課後、机や椅子、ロッカーなど /神奈川

 新型コロナウイルス感染予防のため、子どもの保護者や地域の住民たちが学校の消毒を手伝うボランティア活動が広がっている。ただでさえ忙しい学校の先生は、校内の消毒や朝の健康チェック、普段なら子どもたちがする給食の配膳やトイレ掃除なども学校によっては任されている。そうした教育現場の負担を少しでも減らそうという支え合いの取り組みだ。

 「分散登校中は同じ授業が2回あり、今後もカリキュラムの再計画などやることは多い」と東京都小平市立第十小の山田正樹校長は学校再開後の繁忙を話す。「そうした状況で、毎日の消毒作業を手伝ってもらえるのは本当にありがたい」

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1219文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです