メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国の人たち

主催の大会、世界規模に 体験会で普及努める 滋賀eスポーツ協会長 多賀洋平さん(36)=長浜市 /滋賀

「滋賀eスポーツ協会」会長の多賀洋平さん=滋賀県長浜市田川町で、若本和夫撮影

 コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」の普及を目指して2019年8月、「滋賀eスポーツ協会」が発足した。会長を務めるのは長浜市のウェブ制作会社社長、多賀洋平さん(36)。同協会は県内で競技体験会などを実施しており、多賀さんは「滋賀からeスポーツの魅力を発信していきたい」と意欲をのぞかせる。【若本和夫】

 ◆eスポーツという言葉を目にする機会が増えましたが、何種類くらいの競技(ゲーム)があるのですか。

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1280文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 一転して医療崩壊の危機 集団免疫獲得とも取り上げられた都市で「第2波」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです