メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

米5月雇用統計、予想外の改善なぜ? 一時解雇から復職進む 失業者数なお戦後最悪=回答・中井正裕

カジノで来店客を検温する従業員=米西部ラスベガスで4日、ロイター

 なるほドリ 米国の5月の雇用統計(こようとうけい)で、事前予想に反して失業率(しつぎょうりつ)が改善したそうだね。

 記者 新型コロナウイルス感染を防ぐための外出規制や営業休止が広がった影響で、米国の雇用情勢(じょうせい)は4月に急激に悪化しました。ところが5月の雇用統計は、就業者数(しゅうぎょうしゃすう)が前月比250万人増と4月の2068万人減から増加に転じ、失業率は13・3%と4月の14・7%から改善(かいぜん)しました。市場関係者は就業者数が約800万人減、失業率は20%前後と予想していたため、サプライズになりました。

 Q 雇用統計って注目される指標(しひょう)なの?

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです