連載

@メディア

「@メディア」ではメディアに関するニュースをお届けします。

連載一覧

@メディア

「被害者の負担軽減図る」 新聞協会、過熱取材防止案発表

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本新聞協会編集委員会は11日、事件・事故などで当事者や関係者らに取材が殺到する「メディアスクラム(集団的過熱取材)」を防止するための新たな申し合わせを発表した。2001年に策定した「集団的過熱取材に関する日本新聞協会編集委員会の見解」による取り組みを踏まえながら「さらに一歩進めて、被害者らの負担軽減を図るため、節度と良識ある取材が行われるよう努力する」としている。実名報道の意義についても「さらに議論を深めていく」とした。

 19年7月に起きた京都アニメーション放火殺人事件で、犠牲者36人を実名で報じたことに対し、賛否両論が起きたことをきっかけに実名報道や取材のあり方などについて検討してきた。

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文893文字)

あわせて読みたい

注目の特集