匿名の刃

SNS暴力を考える 「憎しみ依存」もうやめよう 芸人・スマイリーキクチさん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 人気テレビ番組に出演していたプロレス選手の女性が5月23日に急死した。女性は番組での言動を巡り、SNS上で誹謗(ひぼう)中傷を受けていたことにひどく悩んでいたとされる。SNS上の匿名による暴力はなぜなくならないのか。幅広く関係者と一緒に考えたい。初回は、ネット上で「殺人関与」などのデマに長年苦しめられた経験があるお笑い芸人、スマイリーキクチさん(48)。芸能活動のかたわら、ネット上の人権侵害について各地で講演を続け、「言葉は刃(やいば)になる」と訴える。【宇多川はるか】

この記事は有料記事です。

残り2371文字(全文2609文字)

あわせて読みたい

ニュース特集