メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自公従え「じらし」の小池流 対する野党は「股裂き」の懸念 都知事選18日告示

都知事選への与野党の関与は?

 東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)は、小池百合子知事(67)が12日に再選出馬を表明し、複数の新人と争う構図になる。小池氏は出馬確実とみられながら、都政での新型コロナウイルス対応や自民党などへの根回しを進め、告示の迫る時期の表明を選んだ。自民党は小池氏の意向を受け自主投票となったが、党内からは不満も出ている。一方、野党側は、れいわ新選組の山本太郎代表(45)が立候補を検討する構えも見せ、「股裂き」状態に陥りかねない懸念も出ている。

 「都政の順番とすれば一段落できたと思う」。小池氏は12日の記者会見で、都の新型コロナ対策に一定のめどがたったとして、再選出馬を表明した。告示6日前まで表明しなかったのは、万全の状態で選挙戦に臨みたかったからだ。11日には新規感染者の増加が抑えられているとして、感染拡大に警戒を呼びかける「東京アラート」を解除し、休業要請の19日の全面解除にめどもつけた。ある都幹部は「表明後にアラートを解除したり、休業要請を緩和したりするようなことがあれば、『選挙対策』と批判されるだろう」と解説する。

 都内では、3月下旬から新型コロナの感染者が急増したことから、小池氏は対策に追われて選挙態勢に入ることができなかった。知事周辺では、都知事選が話題にすら上らなかった時期もあったという。

この記事は有料記事です。

残り1725文字(全文2283文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです