メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中抜き、問題山積」も補正賛成 野党「非常時監視」に限界 「足元みられた」?

 立憲民主党などの統一会派は、新型コロナウイルスに対応する第1次、第2次の2020年度補正予算にいずれも賛成した。コロナ禍で政府に協力せざるを得ないと判断したためだが、2次補正に計上された予備費10兆円の使途や「持続化給付金」を巡る民間委託問題への疑問などは解消されておらず、非常時の「行政監視」のあり方に課題を残した。野党は「積み残し」の追及に向けて会期延長動議の提出を検討する。

 「『中抜き・ピンハネ』構造など問題は山積している。国会を閉じることは感染症対策から逃げることだ」。立憲の枝野幸男代表は12日の党会合で会期延長を要求した。2次補正の審議は衆参で計5日間に過ぎず、課題を追及しきれなかった悔しさがにじむ。

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

  5. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです