メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中抜き、問題山積」も補正賛成 野党「非常時監視」に限界 「足元みられた」?

 立憲民主党などの統一会派は、新型コロナウイルスに対応する第1次、第2次の2020年度補正予算にいずれも賛成した。コロナ禍で政府に協力せざるを得ないと判断したためだが、2次補正に計上された予備費10兆円の使途や「持続化給付金」を巡る民間委託問題への疑問などは解消されておらず、非常時の「行政監視」のあり方に課題を残した。野党は「積み残し」の追及に向けて会期延長動議の提出を検討する。

 「『中抜き・ピンハネ』構造など問題は山積している。国会を閉じることは感染症対策から逃げることだ」。立憲の枝野幸男代表は12日の党会合で会期延長を要求した。2次補正の審議は衆参で計5日間に過ぎず、課題を追及しきれなかった悔しさがにじむ。

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  3. 荻原魚雷のラジオ交差点 このまま走り続けてほしかった

  4. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  5. 世界のコロナ感染、1億人超 77人に1人 死者は210万人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです