メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏、選挙集会「予行演習」 マスクせず密集「感染しても免責」同意求め

米南部テキサス州ダラスで開かれた会合に参加したトランプ大統領=2020年6月11日、AP

 米共和党のドナルド・トランプ大統領(73)は11日、南部テキサス州ダラスで警察関係者や小規模事業者らとの会合を開催、警察改革や経済回復について政策スピーチを行った。公務の位置づけだが、来週に再開する選挙集会の「予行演習」の色合いが濃いイベント。米国内では新型コロナウイルス感染の再拡大が指摘されており、選挙活動再開には不安の声も上がっている。

 会合でトランプ氏は、白人警察官による黒人暴行死を受けた全米での抗議デモに触れ「すべての人に公正や正義を保障する取り組みが必要」と強調。格差解消に取り組む考えを表明したうえで、マイノリティー地域への投資拡大、医療保険分野での人種間格差解消などを掲げた。一方、事件を受けて強まる「警察解体・予算削減論」については反対する姿勢を示した。

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1307文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです