メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港問題 日本政府「憂慮」表現、徐々に強める 中国けん制の狙いか

菅義偉官房長官=吉田航太撮影

 中国による香港への国家安全法制導入をめぐり、日本が1国2制度維持を求め、「憂慮」を示す表現を徐々に強めている。国内外の批判の高まりを背景に、中国をけん制する狙いがあるとみられる。ただ、日本語の繊細な表現の変化が国際的に伝わるかは微妙だ。

 日本の当初の表現は「大変高い関心を持って注視」(5月22日、菅義偉官房長官)だった。27日に中国の全国人民代表大会(全人代=国会)で同法制の導入決定が確実になると、菅氏は「強く懸念」と表現。実際に決定した28日には「深く憂慮」に表現を変え、秋葉剛男外務事務次官も孔鉉佑駐日中国大使を外務省に呼んで日本の立…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです