メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

棟方志功の油絵、故郷で展示 東京で交流あった家族が寄贈 青森

修復の終わった棟方志功の油絵=青森市の県立美術館で2020年4月2日13時38分、平家勇大撮影

 青森市出身の版画家・棟方志功(1903~75年)が無名時代の1930年に描いた、当時住んでいた東京で交流のあった家族に贈った油絵が昨年2月に県立美術館に寄贈され、このほど修復作業を終えて展示されている。同美術館の担当者は「初期の油絵は数が少なく、若い棟方の情熱が感じられる貴重な作品」と話す。【平家勇大】

 絵を寄贈したのは大阪府茨木市在住の二村允さん(91)。縦38センチ、横44センチのカンバスに二村さんの東京の生家が描かれ、右下に棟方のサインがある。

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです