メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝倉の三連水車、5年に1度の作り替え 「今年も黙々と頑張ってくれるでしょう」

三連水車の組み立て作業。5年ぶりに作り替えられ、真新しくなった

 福岡県朝倉市菱野の国史跡「三連水車」の組み立て作業が11日にあった。今年は5年に1度の作り替えの年で、全体が真新しい杉の白木の状態に変わった。

 水車群は寛政元(1789)年ごろまでに作られたといわれ、日本最古の実働する水車で知られる。17日から近くの2基の二連水車と共に稼働し、筑後川の山田堰(ぜき)か…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文380文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新型コロナ サッカーJ1鳥栖、10人感染

  3. ヒツジ250頭でアマビエ 千葉・マザー牧場でイベント

  4. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです