メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パンダのタンタンが学習帳「神戸ノート」表紙に 40年ぶり新商品に採用

神戸市立王子動物園のジャイアントパンダ「タンタン」=神戸市灘区で2020年6月1日午前10時8分、北村隆夫撮影

 神戸市内の小学生に広く使われている学習帳「神戸ノート」。約40年ぶりとなる新商品の表紙デザインに、市立王子動物園(灘区)のジャイアントパンダ「タンタン」が採用された。タンタンは7月に貸与期限を迎え、中国に帰ることが決まっている。動物園関係者は「ノートを通して、神戸にはタンタンがいたと知ってもらえる」と喜んでいる。

 神戸ノートは「関西ノート」(長田区)が1952年から販売する学習帳。市内の街並みがモノトーンで印刷されたデザインは、世代を超えて愛されてきた。動物園の写真は、白鳥をあしらった「自由帳」など2冊で使われている。

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  3. 新型コロナ「後遺症」、世界で報告相次ぐ 感染者の1割で倦怠感など長期化

  4. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  5. 混乱続く国民「分党劇」 背景に代表と幹事長の合流巡る対立 地方は恨み節

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです