メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナと重なる「複合災害」時代 避難所の難問 予防品不足、どうする3密

避難者役の熊本市職員(右)をアクリル板越しに問診する避難所運営訓練の様子=熊本市南区の南部公民館で2020年6月8日午後3時35分、清水晃平撮影

 梅雨を迎え、新型コロナウイルスの感染と豪雨や地震など自然災害が重なる「複合災害」への備えに、自治体の防災担当者が四苦八苦している。手の消毒液など感染症予防の備品が不足しているのに加え、これまで通りの避難所の運営では「3密」(密閉、密集、密接)が避けられない状況になっているためだ。専門家は、普段からの住民の備えの重要性も指摘する。【斎藤有香、荒木涼子、清水晃平、三股智子】

この記事は有料記事です。

残り2805文字(全文2992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  2. 神奈川で加速度的に感染者増 16日間で1万人増 入院せず療養5243人

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです