特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

新宿に「外国人在留支援センター」7月オープン 就労、人権侵害など対応 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 出入国在留管理庁は12日、在留外国人や受け入れ企業、自治体を一元的に支援する拠点となる「外国人在留支援センター」を7月6日、東京都新宿区にオープンすると発表した。法務と厚生労働、外務、経済産業4省の8機関で構成し、在留手続きをはじめ、就労や法的な困りごと相談、人権侵害など、多様な問題に一括して対応する。

 センター設立は、政府が掲げる「外国人材の受け入れ・共生のための総合的対応策」の一環。総合調整役となる出入国在留管理庁の在留支援課長がセンター長に就任する。8機関は東京出入国在留管理局▽東京法務局人権擁護部▽法テラス(日本司法支援センター)▽東京外国人雇用サービスセンター▽ジェトロ(日本貿易振興機構)――など。

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文517文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集