メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文裕連勝か、芝野が初勝利か 本因坊戦第2局、13日から日本棋院で

第75期本因坊決定戦七番勝負第2局を前に、対局室の「幽玄の間」を検分した本因坊文裕(右)と挑戦者の芝野虎丸名人=東京都千代田区の日本棋院で2020年6月12日午後4時54分、丸山博撮影

 9連覇を目指す本因坊文裕(もんゆう)(31)=井山裕太九段=に芝野虎丸名人(20)が挑戦する第75期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、大和証券グループ協賛)の第2局が13、14の両日、東京都千代田区の日本棋院で打たれる。開幕戦を制した文裕が連勝して流れに乗るか、芝野が初勝利を挙げるか、熱戦が期待される。

 対局地は、予定していた北九州市で新型コロナウイルスの感染が再び拡大したため東京に変更された。日本棋院での本因坊戦の対局は45年ぶり。

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです