メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪モデルの「過剰な要請は不要」だった? 指摘を受けた吉村知事は…

大阪府新型コロナウイルス対策本部専門家会議を終え、大阪市の松井一郎市長(左)と話し合う吉村洋文知事=大阪市中央区で2020年6月12日午後0時32分、木葉健二撮影

 新型コロナウイルスの第2波に備え、大阪府は12日、休業や外出自粛の再要請などに向けた独自基準を全国に先駆けて策定した「大阪モデル」の見直し作業を本格的に始めた。感染拡大は緊急事態宣言前の3月下旬にピークを迎えていた可能性があり、専門家の一部からは「過剰な要請は不要」との声も上がる。ウイルスの特徴が今も判然としない中、経済活動と感染防止の両立に向けた「入り口戦略」を手探りで練り直す。

緊急事態宣言時「ピーク過ぎていた」

 大阪は3月末に感染拡大のピークを迎えていた――。府はこの日開かれた専門家会議で、独自の分析結果を新たに公表した。

 府が1日あたり最多となる92人の感染確認を発表したのは、4月9日だった。大阪を含む7都府県への緊急事態宣言の発令直後で、吉村洋文知事は「フェーズが上がった」と強調。患者を受け入れる病床やホテルの確保も急ぎ、この頃がピークとみられていた。

 しかし、府が患者の発症日を基にした「推定感染日」(発症の6日前)ごとに、新規感染者数の推移を調べると、3月28日にピークを迎え、緊急事態宣言時には既に減少傾向に転じていた可能性が出てきた。府は3月下旬の週末の外出自粛要請や…

この記事は有料記事です。

残り2446文字(全文2944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです