黒人差別の解説動画「看過できない内容」 NHKに米国研究の学者らが検証求める要望書

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
NHKが番組で放映し、抗議を受けてウェブ上から削除した動画
NHKが番組で放映し、抗議を受けてウェブ上から削除した動画

 NHKがニュース番組「これでわかった!世界のいま」などで発信した米国の抗議デモに関する解説について、日米の米国研究者が12日、「看過できない内容が含まれている」として、問題認識や経緯、再発防止策を明らかにするよう求める要望書をNHKに送付した。【國枝すみれ/統合デジタル取材センター】

 要望書は全5ページ。坂下史子・立命館大教授や藤永康政・日本女子大教授ら日米の大学に所属する研究者13人が呼びかけ人となり、NHKの会長、国際部部長、報道局長宛てに送付した。今後、日米で賛同者を募るという。

 要望書が問題としたのは、白人警官による黒人男性暴行死事件への米国の抗議デモについてNHKが解説した6月7日の放送内容と、公式ツイッターの発信内容。番組は、デモの背景を解説するアニメ動画を放映し、ツイッターにも同じ動画を投稿していた。

 要望書はこの動画について、黒人が「過度に筋肉質な外見で、乱暴で粗野な言葉づかいが強調された男性」というステレオタイプで描かれているとし、米国では「これ…

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文1052文字)

あわせて読みたい

注目の特集