メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯日本代表レメキ 新たな一歩 「メダルにリベンジ」オリンピック意欲

オンライン取材に応じる2019年ラグビーW杯日本代表のWTBレメキ・ロマノラバ=サニックス提供

 2019年秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で日本の8強入りに貢献したWTBレメキ・ロマノラバ(31)が新たな一歩を踏み出した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で今季のトップリーグ(TL)は3月に打ち切られたが、新たなシーズンに向けてホンダからサニックスへ移籍。「メダルを取らなければダメ。チャンスがあればリベンジしたい」と、1年延期となった東京オリンピック出場にも意欲を示している。

 「新しいチャレンジがしたい」と7年間プレーしたホンダからの退団を決意。最初に声をかけてくれたのがサニックスで、「チームの持ち味であるランニングラグビーは、自分のやりたいラグビーだった」と話す。1日から福岡県宗像市にあるサニックスの本拠地で個人トレーニングを再開した。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師が必要と判断した人のPCR検査もできず…鈴木前医務技監「頭を下げるしかない」

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです