メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ帰還10年 記念デザインボトル「リポビタンD」プレゼント

小惑星探査機「はやぶさ」の地球帰還10年を記念して作られた栄養ドリンク「リポビタンD」のオリジナルデザインボトル=永山悦子撮影

[PR]

 小惑星探査機「はやぶさ」が地球へ帰還して10年になるのに合わせ、大正製薬がはやぶさの地球帰還時のイラストをデザインした栄養ドリンク「リポビタンD」を作った。今回のボトルは非売品で、毎日新聞は読者向け情報サイトの会員20人に1箱ずつプレゼントする。

 はやぶさは2003年の打ち上げから7年、約60億キロを旅して、小惑星イトカワへの往復を成し遂げた。そして10年6月13日、イトカワのかけらが入ったカプセルをオーストラリアの砂漠へ向かって切り離し、探査機は大気圏に突入して燃え尽きた。さまざまなトラブルが起きたものの、プロジェクトメンバーはあきらめることなく一つ一つ乗り越え、世界初となる小惑星の物質を地球へ届けた。

 現在、はやぶさ2が小惑星リュウグウでの探査を終え、地球へ向かっている。今年12月ごろに地球へ帰還する予定だ。同社は、はやぶさが小惑星へ到着した際、宇宙航空研究開発機構(JAXA)のメンバーがリポビタンDを飲む様子がブログで広がってから、はやぶさや後継機「はやぶさ2」プロジェクトを応援している。

 今回のリポビタンDは、はやぶさが地球の大気圏へ突入したときの光跡を描いたイラストをラベルに使用。「イトカワの貴重なサンプルを届けるため、最後の力を振り絞って大気圏に再突入。流星となり燃え尽きた」という説明を付けた。同社は「いつまでもはやぶさを語り継ぐこと、後継機はやぶさ2の地球帰還に一人でも多くの方に関心をもってもらうことにつながってほしい」と話している。

 ただし、このボトルは関係者限定の非売品。そこで、毎日新聞の情報メール配信サイト「MJM」では、会員を対象に、このボトル1箱(10本入り)を20人にプレゼントする。サイトの会員登録は無料。申し込み多数の場合は抽選となる。詳細はMJMのウェブサイト(http://mjm.mainichi.co.jp/)へ。【永山悦子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです