メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再思三省

第87回 増殖に要注意

「3密」を回避して体育館内で再開したジム=長野県松本市の市総合体育館で2020年5月23日、吉田航太撮影

[PR]

 「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづっています。なお、この中には必ずしも一般的に間違いとはいえないものもあります。読者への配慮や紙面上の統一などの点から決めているものは、理由とともに示しています。

神出鬼没なものは

 密閉・密室・密接 → 密閉・密集・密接

 「3密」という言葉もすっかり定着したようですが、その説明で時々紛れ込むのがこの「密室」。意味的に「密閉」と入れ替わったり、音が似ているからか「密接」と入れ替わったりと、出没箇所もバリエーション豊か。また、この3要素の順番については決めごとというわけではないものの、特別な理由がなければそろえておくのがよいでしょう。読者に正しく覚えていただきたいからです。

増殖に要注意

 新型コロナウイスル → ウイルス

 カタカナは要注意、というのは校閲でなくとも認識している人が多いかもしれません。「カタカナ苦手なんだ」という人、身近にいませんか? そうやって注意してもやっぱり出てくるのがこの類い。過去には「『ヒワマリ』ではなく『ヒマワリ』でした」なんて訂正が載ったことも。身近な言葉こそ油断は禁物です。なお「ウィルス」(イが小さい)という表記は新聞のルール外。外来語として「ウイルス」という表記が定着しているものと考えます。

スポーツ紙で見かけます

 入籍する → 婚姻届を出す、結婚する

 現在は結婚に伴って新しい戸籍を編製するため、「入籍」は厳密にいうと結婚ではありません。スポーツ紙などの特大見出しではよく見かけるのですが……。結婚あいさつ文を書くときにはぜひ思い出してください。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです