メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

15歳のニュース

15歳のニュース 手作りマスク、カンボジアへ 集まったマスク、校内外から2500枚!

[PR]

名古屋経済大学市邨高校

 世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、愛知県の名古屋経済大学市邨(いちむら)高校の生徒約20人が、カンボジアの農村に手作りマスクを寄付する活動を行っている。自作したり、校内外で寄付してもらったりして、これまでに2500枚近くが集まった=写真・市邨高校提供。

つらい思いの人、世界中に

 社会科の授業で難民について学んだ2、3年生の生徒たちが活動の中心になった。カンボジアの農村で学校をつくった日本人男性に現地の状況(じょうきょう)を教えてもらい、感染症(かんせんしょう)が拡大する中、村の人々(ひとびと)や難民が貧困のためマスクが買えないことを知った。

 活動に参加する3年生の永田(ながた)こころさんは「私自身、ハンドボール部の大会がなくなってしまいつらい思いをしているが、この取り組みを通じて自分よりもつらい思いをしている人は世界中にたくさんいることに気づき、力になりたいと思った」と話す。プロジェクトリーダーの稲垣(いながき)空良(そら)さんは「全国から多くの人が活動に参加してくれた。これからも、困っている人のために、みんなで考えていきたい」と語った。マスクは近くカンボジアに発送する。


現地のせっけん代、募金受け付け中

 現地のせっけん代に充(あ)てる募金(ぼきん)は19日まで受け付け中。問い合わせは市邨高校の松野至先生(電話052・721・0161)。

寄付の詳細(しょうさい)は市邨高校のHP

(https://www.ichimura.ed.jp)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  5. 「給付金、今すぐくれないなら死ぬ」 逮捕された男はなぜ窓口で騒いだのか 孤独と貧困と誤解と

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです