メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

15歳のニュース

15歳のニュース 手作りマスク、カンボジアへ 集まったマスク、校内外から2500枚!

[PR]

名古屋経済大学市邨高校

 世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、愛知県の名古屋経済大学市邨(いちむら)高校の生徒約20人が、カンボジアの農村に手作りマスクを寄付する活動を行っている。自作したり、校内外で寄付してもらったりして、これまでに2500枚近くが集まった=写真・市邨高校提供。

つらい思いの人、世界中に

 社会科の授業で難民について学んだ2、3年生の生徒たちが活動の中心になった。カンボジアの農村で学校をつくった日本人男性に現地の状況(じょうきょう)を教えてもらい、感染症(かんせんしょう)が拡大する中、村の人々(ひとびと)や難民が貧困のためマスクが買えないことを知った。

 活動に参加する3年生の永田(ながた)こころさんは「私自身、ハンドボール部の大会がなくなってしまいつらい思いをしているが、この取り組みを通じて自分よりもつらい思いをしている人は世界中にたくさんいることに気づき、力になりたいと思った」と話す。プロジェクトリーダーの稲垣(いながき)空良(そら)さんは「全国から多くの人が活動に参加してくれた。これからも、困っている人のために、みんなで考えていきたい」と語った。マスクは近くカンボジアに発送する。


現地のせっけん代、募金受け付け中

 現地のせっけん代に充(あ)てる募金(ぼきん)は19日まで受け付け中。問い合わせは市邨高校の松野至先生(電話052・721・0161)。

寄付の詳細(しょうさい)は市邨高校のHP

(https://www.ichimura.ed.jp)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. 「ピーク越え?」「局地的には厳しい」「ワクチン評価まだ」 専門家も戸惑うコロナの不思議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです