メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・アーティスト

山岸潤史 音を感じ汗をかきたい

 <楽庫(らっこ)>

 米国ニューオーリンズに渡り、25年がたつ。そのブルースもR&Bもジャズもわしづかみにしたようなエモーショナルなギター演奏は、すぐに同業者たちを魅了。マルディグラ・インディアンのグループであるワイルド・マグノリアスをはじめ、いくつもの同地に根ざした表現の要の奏者として山岸潤史は活躍している。エミー賞も受けた人気米国テレビドラマ「トレメ」(日本は未公開)にも、彼は出演した。

 「せりふのある役をもらって出たのは1回で後は演奏シーンでだけど、シーズン2~4にカメオ出演した。ハリケーン・カトリーナ後のニューオーリンズを描く内容なんだけど、欧州でも放映されたあのドラマのおかげでニューオーリンズはにぎわったよね」

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文1022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです