メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・アーティスト

山岸潤史 音を感じ汗をかきたい

 <楽庫(らっこ)>

 米国ニューオーリンズに渡り、25年がたつ。そのブルースもR&Bもジャズもわしづかみにしたようなエモーショナルなギター演奏は、すぐに同業者たちを魅了。マルディグラ・インディアンのグループであるワイルド・マグノリアスをはじめ、いくつもの同地に根ざした表現の要の奏者として山岸潤史は活躍している。エミー賞も受けた人気米国テレビドラマ「トレメ」(日本は未公開)にも、彼は出演した。

 「せりふのある役をもらって出たのは1回で後は演奏シーンでだけど、シーズン2~4にカメオ出演した。ハリケーン・カトリーナ後のニューオーリンズを描く内容なんだけど、欧州でも放映されたあのドラマのおかげでニューオーリンズはにぎわったよね」

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文1022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 「世界の薬局」インドのワクチン外交 周辺国に無償提供、中国に対抗か

  4. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです