メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いま文化は

新型コロナ 3美術館学芸員、Zoom座談会 何を、どう 展覧会を手探り

「学芸員Zoom座談会」に参加した(右下から時計回りに)和歌山県立近代美術館の青木加苗さん、兵庫県立美術館の小林公さん、金沢21世紀美術館の横山由季子さんと、聞き手の清水有香記者

 コロナ禍による国の緊急事態宣言が解除され、各地の美術館が徐々に再開している。ウイルス感染防止に伴う長期休館は、社会教育施設である美術館の存在意義を改めて問う機会にもなった。休館中に学芸員たちは何を考え、今後の展望をどう描くのか。テレビ会議システム「Zoom(ズーム)」上で座談会を開き、兵庫県立美術館の小林公さん、和歌山県立近代美術館の青木加苗さん、金沢21世紀美術館(21美)の横山由季子さんの3人に語り合ってもらった。

 ――休館中、どんな思いで過ごしていましたか?

 和歌山近美・青木 多くの館が作品解説やギャラリートークをオンライン配信する中、私は7月に始まる巡回展の準備で手が回らず、何かやらねばと思うのに何もできないジレンマに苦しんでいました。そんな中、当館の子ども向けプログラムにいつも参加してくれる小学4年の女の子が再開初日に来館し、「ユーチューブで美術館の楽しさをみんなに伝えたい」と話してくれた。この状況で美術館のために何かしようと考えてくれる人がいる…

この記事は有料記事です。

残り2504文字(全文2939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  3. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです